資金が有り余っているのなら中古マンション投資にトライ

男女
  1. ホーム
  2. 投資基準を作ろう

投資基準を作ろう

模型

中古マンション投資をするにあたって重要なことは物件の選定です。投資マンションサイトや不動産会社の店頭に貼ってあるチラシに記載されている利回りだけで判断してはいけません。利回りは入居者が居て、かつ、想定通りの家賃がずっと続いた場合に実現できる数値です。記載されいている利回りを鵜呑みにせずに、自分なりに投資基準を作成して、本当に投資をして良い物件かどうかを判断しましょう。また、一般的に空室解消に苦戦する物件ほど、利回りが高めになっている傾向があります。中古マンション投資をする場合には、まずは賃借人の立場になって考えてみることが重要です。賃借人がまず考えることは利便性とそれに見合った家賃かどうかです。通勤や通学しやすいエリアかどうか、最寄駅から家までの間にコンビニエンスストアやドラッグストア、スーパーなど、生活必需品を置いてあるお店が何軒あるかといったことを確認しておきましょう。物件の選定さえ間違わなければ中古マンション投資で失敗する可能性はかなり小さくなります。収益力が相対的に低くても、収益の確実性が高いことが重要です。物件をいくら探しても見合わない物件しかないような時には、買い急がずに時期を少しおいてみましょう。中古マンション投資は1戸に対する投資額がかなり大きいです。1回の失敗が致命傷になるようなときもあります。時期をずらせば必ず良い物件と出会えます。自分のポリシーは曲げずに物件を選んでいきましょう。