資金が有り余っているのなら中古マンション投資にトライ

男女
  1. ホーム
  2. 低価格でスタートできる

低価格でスタートできる

握手

確認事項がいくつもある

中古マンション投資を始める前に、リスクについて確認しておきたいことを紹介します。中古マンション投資は、新築マンションの投資とは違い、低価格で購入できるメリットがあります。はじめの投資低く抑えることができますが、築年数を考慮すると、当該物件をいつまで投資物件として見込めるのかが極めて短いことを頭に入れておく必要があります。また、中古マンション投資をはじめたはいいが、全く採算が取れないと始めた意味がありませんので、事前に中古マンション投資の情報入手がポイントとなります。競売や売りに出されている不動産情報から、中古マンション投資として投資物件として見込める不動産を調べることもポイントです。売りに出されている物件については、内覧や周辺環境など現地に足を運んで確認できます。情報だけでは分からない部分があり、現地に足を運んで、物件内部や周辺の状況、交通アクセス、人通りなど、自分の目でチェックすることで、投資物件としてありかなしか判断材料にもなります。低価格でスタートできるメリットよりも、投資機関や老朽化、築年数、耐用年数、物件内部の状況など、確認すべき部分が多いため、中古マンション投資を始める前には、綿密な情報収集や内覧、現地確認など、投資物件として成立するのかを確認することが重要です。確認すべきところを怠ると、投資をスタートしたとしても、計画していた投資とは違う結果になりかねませんので注意して下さい。