資金が有り余っているのなら中古マンション投資にトライ

男女
  1. ホーム
  2. 継続的な収入が魅力です

継続的な収入が魅力です

つみきと紙幣

中古マンション投資は中古マンションを保有し貸し出して家賃収入を得る投資方法です。大きな値上がりを期待するというよりも継続的な収入を得ることを目的としています。利回りは地域や物件の築年数によって異なってきます。中古マンションは建物に耐用年数があるため築年数が古いほど利回りが高くなる傾向にあります。また、都市の中心部から遠いほど空室リスクが高くなるため、やはり利回りが高くなる傾向にあります。都市の中心部にある築浅中古マンションであれば5%から6%台、築年数の古い郊外の物件であれば8%から9%台で推移しています。中古マンション投資をする時には、利回りで判断するのではなく賃貸ニーズがあるエリアかどうかも確認をしておきましょう。特に人口が毎年減少しているエリアの中古マンションは要注意です。価格が少々高めでも、人口が毎年維持されているか増加しているエリアにある中古マンションを購入するようにしましょう。また、中古マンション投資は他の投資商品にはないメリットがあります。それは長期のローンを組むことができるという点です。ローン期間は保有する中古マンションの残耐用年数が最長となります。そのため、築浅物件の場合には長めのローンを組むことができる一方、築年数が30年や40年となると、ローンを組むことができる期間もわずかとなります。毎月の返済を小さくしたいのであれば、築浅物件で中古マンション投資することを考えましょう。